リロ アンド スティッチのあらすじ

ほとんどの人が、リロアンドスティッチを一度は見た事があると思いますが、どういう話(あらすじ)か知っていますか。


リロとスティッチが初めて会ったのは、リロが飼いたい犬を探しに行った保健所でした。


その時のスティッチは、とても凶暴で「破壊する」ことしか知らないエイリアンでした。


リロのお姉さん(ナニ)は飼う事を反対しましたが、リロはナニの反対を押し切ってスティッチを飼う事にしました。


しかし、スティッチはいたずらばかりして、リロの言う事は何も聞きません。


そして、フリークリーとジャンバ(スティッチを作った)がスティッチを連れ戻しに銀河連邦から来ました。


そこで初めてスティッチが犬ではなくエイリアン(試作品626号)だという事が分かったのですが、リロはそのままスティッチを家で飼う事を決めたのです。


なぜかフリークリーとジャンバもリロの家で一緒に住む事になりました。


リロはお父さんとお母さんを事故で失い、とても寂しい思いをしてしたので、家族が増えてとても嬉しかったのです。


そして、スティッチに「オハナ」(家族)という言葉を教えたのです。


「オハナ」(家族)を知ったスティッチは、悪い子から良い子に変わり、リロの言葉も理解できるようになり、言葉もしゃべれるようになっていくのです。


一番変わった事は、人の心が分かるようになった事です。


愛を失った女の子と愛を知らないエイリアンが、心を開いて「オハナ」(家族)になっていくのです。


これが、リロアンドスティッチのお話(あらすじ)です